初めての方へ



はじめまして。
米村彰一と申します。

_MG_73183

私は、自分の人生を豊かに暮らし、多くの人とのご縁を生かして社会に還元し、そして次代に良い国、社会、ふるさとを残す。
これを使命として、活躍してまいります。

ご縁があって、金融機関で非正規採用ながら3年仕事をさせていただきました。
組織の在り方や、
事務の手順、
得意先から会社のレイアウトまで
いろいろ変わってきました。
同じ体制で仕事は続かない。
時代や社会情勢で会社は変わっていくのだと感じるようになりました。

正社員にはいろいろ厳しい状況が続いている会社であるともいえます。
厳しい現実を受けて、多くの社員は「上から」仕事を指示されてやっていく。
それに追われる毎日。
自分の理想の会社像とか、理想の仕事というものを考える余裕は私もありませんでした。
仕事といえば、上から指示されたことをやることが中心、独創性は発揮できないばかりか、組織で仕事をするにはむしろ葛藤になりました。

自分にとって働くことはどういう意味があるのでしょうか?
目的はなんでしょうか?

結局自分は、自分の好きなことで人の役に立ちたい…
そう考えて、会社を抜けることにしました。
「やめる、というよりは、むしろ、抜ける」
そう同僚に打ち明けたこともあります。

思えば、私は物心ついたころから、人と違うことを考えたり、それをやろうとしてきたことがあります。
といいますか、子供のころから、自分は周りとは何か違う。
なんでみんな同じ事ばかりしているのだろうとか、
なんでこう、好きでもないのにみんなに合わせたがるのだろう。
などと考えて育ってきました。

たぶんこのころから自分は好きでもないことや本心でないことを無理して他人に合わせてやることができないと考えていたのでしょう。

今の会社もそれなり役割を与えられ、正社員になる可能性もありました。
もしかりに正社員になれたら…

それは先輩社員たちを見ていたらある程度想像がつく気がしてきました。

年功序列の慣例がまかりとおっていました。
私には勤続年数が少ない。
正社員になっても先がしれていました。

こんな旧態依然の組織に生活を預ける気になれなくなったのです。

この国ではあらゆる制度が行き詰まりを見せています。
会社の平均寿命も30年を切るといわれるこの時代、一つの会社組織に生活を預けることは不安定な時代になりつつあります。

自分は、結局、家出するように会社を抜けていきます。

報われないとわかっていて​も現状を打開できない人たちを見てきました。
変わりたいと思っても、自分には何のとりえもないと思いこんで旧態依然の組織に騙し騙しとどまる人たち。

私が行動に移せたのは組織に依存し​ない程度の勤務期間に短さと、仲間の存在。

そこで、私は決めました。

これからは自分が好きなことを考え、行動する。
それをアピールしていきたいと思います。

私の行いで勇気づけられる人たちがいるのなら、その人たちのためにも。

そして、自分のために、わたしは、うつけものになります。

そして、そんな常識を打ち破るうつけものといっしょに仕事をしたい。
そのために、うつけものの手本をめざします。

よろしくお願いします。

 

【略歴】

2004年早稲田大学教育学部国語国文学科卒業

週末起業フォーラム認定コンサルタント

GCS認定コーチ
AFP(登録番号50399429)

独学で
宅地建物取引主任者
行政書士
海事代理士
管理業務主任者
貸金業務取扱主任者
日本唐揚協会カラアゲニスト
などの資格を取得。

【銀行業務検定】
法務2級
税務3級・財務3級
年金アドバイザー3級
確定拠出年金アドバイザー3級
融資管理3級・金融経済3級

資格取得アドバイザ―として、各種資格試験合格の
ためのノウハウを研究中

プライベートでは、

センタン・チョコバリを550本連続当たりが出ない記録を出す。
会社退職後1年間で、日本47都道府県をすべて回る。

コーチングセッションでは、自分の強みやキャラ立ちの確立が得意です。

Add a Facebook Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>